×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



12月30日(金)

いよいよ今年もラスト近づいてきましたね、どうもこんばんは。

今日は昼はまで寝ていたのでコミケは行けず。
というのも朝まで友人宅でwiiをやっていたので、体力的、眠さ的に無理でしたね。
それでも一応午後はふらりと外出しまして、
明日出来る保証もないので一応今日のうちに弐寺納めをしてきました。

が、

2曲目に全曲ランダムで選曲したら俺マニア穴に遭遇して落ちました。
2011年はそんな最後で締め括ることに・・・。
新年の最初のおみくじでは嘆きとかバドマニとか縁起が悪そうなのが当たりませんように。
DDRはたぶん明日出来ると思うので、明日納める予定。



ラノベ
B.A.D.チョコレートデイズ2巻を読了。
今回は1巻よりも外伝的になっており楽しかったですね。
もちろん1巻と同じく本編の話と話の間の時系列だったりして繋がっているのですが、
今回はよりキャラが生き生きと動いていて楽しめました。
1巻は本編で語りきれなかったことを補足説明したように感じられたので、
ちょっと堅いというか暗いというかそんな雰囲気があったのですよね。
2巻の最後の話は本編の1巻をもう一度読み直したくなるようなお話でしたので、
時間があればまた読み返してみたいところ。

あとギフテッドも読了。
これ、おもろいですよ!
世界最高峰の企業の天才ばかり集まる幹部候補試験のお話なのですが、
テンポもいいですし、伏線が多く張られているので、どんどん先を読みたくなるんですよね。
天才たちばかり、そして謎だらけの試験内容ということで、
心理戦が主となっていまして読んでて退屈しないですし。
一段落は着いたものの、まだまだ伏線も謎もたくさん残っていますし、是非続編が出てほしいものです。


12月17日(土)

どうも最近一気に寒くなりましたね、どうもこんばんは。

そろそろ手袋をしてゲーセンに行かないと
弐寺の1曲目でレベル8を選んだのに落ちるという悲劇に遭遇する季節が今年もやってきたようで。
それにしても今年は異常に寒く感じるのですが、
DDRのやりすぎで体脂肪が落ちたとかそういうことなんですかねぇ。



弐寺
目立った収穫は青龍SP灰フルコン
というか余りプレイできていないというのもありますけども。
青龍はラストの2つ同時の軸押しで切ってたのですが、ついに繋がりました。
軸押しがすごく苦手で、特に4鍵が絡むと絶望的なんですが、
少しは軸押しにも慣れてきたということでしょうかねぇ。
絶対的にプレイ時間が足りてないので、
なんとか100円と時間を見つけて解禁作業を進めたいところです。



ラノベ
魔法か高校の劣等生の1巻を読了。
賛否両論ではありますが、
厨二的内容ということでそういうのが大好きなので試しに読んでみた次第。
まぁ確かに話題になって平積みにされてるぐらいですし面白かったです。
主人公は劣等生クラスに振り分けられているけども、
テストで測れなかっただけで実はものすごいという内容でして、
禁書が楽しめる人であればこちらも同様に楽しめると思いますね。
ただ、ひとつ思ったのは説明くさい文章なので、それをどう思うかですね。
設定とかが結構作り込まれてて、世界観は面白いのですが、
その分いちいち理屈っぽいと感じてしまう部分も。
だからこそ逆に敵に上から教えてわざわざやってる感もあり、
存分に俺Tueeeeee!!に浸れるとも言えるのでしょうけども。
たしかいま4巻まで出てるんでしたっけ。
個人的には嫌いじゃないので、暇つぶしにちょいちょい読んでいこうと思います。


12月9日(木)

前回から約1カ月だと・・・!?
そんなに経っていたとは時間が経つのは早いですね。
というわけで本当に久しぶりです、どうもこんばんは。

この1ヵ月は娯楽成分は主に弐寺とDDRとラノベで構成されていました。
まず弐寺
・・・はとりあえずSPでサクッと十段。
相変わらずのクッキーゲーです。
クッキーの後半を耐えられて、fffffの二重階段をゲージが尽きない程度に押せる人なら
金十字で落ちる人ってあんまりいない気がするのですが、どうなんでしょう。
DPで余裕の九段2曲目落ち。
桜反射、難しいですね。
練習しようにも解禁してないのでどうにも・・・。
そろそろ自分もリンクルリンクとやらに手を出してみるべきでしょうかねぇ。
というかそもそも九段は認識力が追いついてない節があるので、
ステップアップなどを活用したレベル10埋めから始めるべきでしょうけども。
あとF穴が予想に反して素直な譜面でちょっとしょぼーん。
指慣らしにはすごく良いと思うのですが、12なので1曲目からは選べませんし・・・。
EXハードも行けるかなぁと思い、やってみたのですがラスト数小節で閉店。
12の中ではカゴノトリとこれぐらいですね、EXハードが見えるのは。
あと運が良ければギガデリHも・・・?
A?既に1度正規でやって見事に中盤で閉店しましたよ、ええ。



DDRはX2からX3になりましたね。
といっても、まだ現在でもX2のところも意外に多く、
お店に行ってみたもののプレイできないなんてこともしばしばありますけども;;
ヘビーローテーションが意外に踏んでて楽しい譜面ですね。
逆にコネクトが微妙に踏みづらくてスコアに苦戦してます。
ちなみにポッキー食べながらのプレイはまだ未実践。
あと期待していたマーメイドガールですが、
判定がやや後ろにズレているらしく、実際弐寺のタイミングで踏むとGREAT量産。
遅め遅めを心がけて踏まなくちゃいけなくて、自分の中のイメージで踏めないために妙な感じです。
譜面自体は良いものなのですが、残念。



ラノベはいろいろ読みましたけども、
一番最近だと柴村仁さんの作品が講談社ボックスで出ていたために購入&読了。
最初のチョコレートスープの話を読んだ段階ではなんともいえない感じでした。
しかし。これはあくまで世界観を説明するための序章のようなものなんだろうと
読み進めて行くうちに引き込まれて行きました。
ところどころ違和感を感じる部分はあったのですが、
その違和感の正体が分かり、それぞれの話の位置づけが分かった時、
俺は完全に物語にのめり込みましたね。
最後に残る切なさとこういう物語の構成ってすごい好きなんですよ。
分かる人にはネタバレかもしれませんが、簡単に言うと付喪堂的な構成です。
講談社BOXということで普通のラノベ2冊ちょいぐらいの値は張りますが、
これは買って正解だったと俺は思いますね。


戻る