×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

もしも明日が晴れならば

発売日:2006/2/24


システム

セーブ数はクイックが10、オートが10、普通が90。

物語構成は全6章のチャプターごとになっていて、5章までは共通なので、

こんだけあればまず足りないってことは無いのではないかと。

機能も一通りあるのでまず困ることは無いと思います。


他には、一人クリアするごとにそのキャラがタイトル画面に追加されていきます。

明穂だけはなぜか動くんですけど、個人的にはそれが逆にやや不自然な気もしましたが;;

あとは、タイトルにてランダム(たぶん)で選ばれたキャラが、その時間帯にあった一言を言ってくれたりとか。


音楽

曲調としてはゆっくり穏やかな曲が多いかな。

これが物語に合ってて非常に良かったと思います。

ボーカル曲もWHITE-LIPSの透き通った声が非常にいい。

お気に入りはOPテーマの「もしも明日が晴れならば」

とにかく音楽面については素晴らしいの一言に尽きますね。



シナリオ

テキストの方は飽きさせることの無い文章で、快適に進められました。

にしても、いやーもう全体を通してめちゃくちゃに泣きましたね。

最近わりと涙腺が緩めなので、あまり当てにならないのかもしれませんが、

プロローグでうるうる、4章で号泣、個別のエンドで泣きと、ひたすらに泣かせてもらいました。


特に4章。

ここはまだ共通ルートなので4人とも毎回見るのですが、

毎っっ回泣いてました。・゚・(ノД`)・゚・。

普段なら既読スキップでピューッと飛ばしちゃうんですけどね、

これは泣きたいがために毎回見てしまいました。


個別の方もなかなか。

明穂で思いっきり泣かせてもらいました。

詳しくは語れないけど最後あのあたりね。


そういや明穂エンドには賛否両論ようですねぇ。

たしかにもう一つの可能性を望んではいましたが、

俺としてはあれはあれでありなんじゃないかと。

もう一つの可能性のほうはファンディスクとかでやってくれたりしないかなぁとか期待してたり

ねぇ、ぱれっとさん?(ぁ



総評 48⁄50

プレイ時間・・・はあんまり覚えてないけど、既読スキップを使えば20時間ちょいぐらいかな。

まぁ万人が泣けるなんてシナリオは基本的に無いんだろうけども、

今のところ俺としてはこれが泣きゲー最強説。

シナリオもさることながら、音楽の素晴らしさと相まって大変なことになりましたw

このスタッフ陣にはこれからも期待ですね。


戻る